活動させるのは観察のため~「観察の窓」を開く

授業の中で、生徒は様々な活動に取り組みます。生徒を活動させることには、自ら考えて行動する中で体験を知識や理解に再構成する機会を持たせることや、理解や思考の結果を言語化する中で学びをより確かなものにすること、対話による気づきの交換の中で思考を拡充し正しい判断を行うための広い視野を得ることなど、様々な目的があります。 教える側/学ばせ…
トラックバック:14

続きを読むread more