授業改善には授業デザインを先行させる

深く確かな学びを実現する授業を構成する要素には、話し方や板書、指示や説明、確認の取り方などの「伝達スキル」と、学習目標を共有したり、学んだことを使う場を整えたり、対話を通して学びを深めたりといった「授業のデザイン」の2つがあります。 伝達スキルの多くは、個々の先生に内在するものであり、参観などを通じて優れた手法に触れたとしても、そ…
トラックバック:7

続きを読むread more