思考力を鍛えるのは、教える前が勝負

生徒の思考力を鍛えられるのは「正解や解法を示すまで」です。答えや解き方がわかった後にできるのは、「なるほど、そうか」と納得できるまで解に至る過程を辿り直してみることくらい。そこでは、解法を考え答えを導き出すために重ねる思考の大半を生徒は自ら体験できません。 答えを導くべき問いや解決すべき課題を与えたら、生徒が十分に思考を尽くすまで…
トラックバック:5

続きを読むread more