考査問題における得点集計(集計の取り方と活用法)

模擬試験もそうですが、定期考査が目的とするところは、その時点までの学習の成果を測定し、より高い次元での学力の獲得に向けた課題を形成することにあります。学力が正しく形成されたか、何が足りていないのかを明確に検出できる内容の問題と採点基準が必要になるのは言うまでもありませんが、せっかく検出した結果も「総合点」で丸めてしまっては、目に見える形…
トラックバック:4

続きを読むread more