活動の配列/授業デザイン

1 問いを軸に授業を設計~学習活動の適切な配列1.1 教室でしかできない学びを充実~問いを軸に授業を設計 ★ 1.2 確かな学力を獲得させるための「学習活動の適切な配列」 ★ 1.3 授業を通して21世紀型能力は育めているか 2 新しい学力観の下での授業デザイン2.0 新しい学力観の下での授業デザイン 2.1 PISAが測定する…

続きを読むread more

主体的、対話的な深い学びへ~授業評価アンケート

新課程への移行がいよいよ目前に迫りました。新しい学力観にそった教え方の転換を図る中、新しい学力観に基づく評価方法の導入も併せて進めなければなりませんし、高大接続改革に備えて考査問題も新しいスタイルに切り替えていく必要があります。その流れの中で、授業評価アンケートの質問設計の更新もまた喫緊の課題の一つです。 2019/04/03…
トラックバック:2

続きを読むread more

対話によって学びはどこまで深まったか

主体的、対話的な深い学びを構成する要素のうち、主体性を持った学びに欠かせない【学習方策】と【目的意識】につき前々稿、前稿でデータ解析の結果に基づいて考察を行いましたが、本稿では「対話的な深い学び」にフォーカスしてみたいと思います。 なお、主体的、対話的な深い学びについては、拙稿「主体的・対話的で深い学びの実現に向けて(全3編)」で…

続きを読むread more

目的意識をもって学びに取り組んでいるか

自立的に学びを進められるだけの土台(学習方策)を備えることに加えて、学ぶ意欲や学ぶことへの自分の理由(目的意識)を持っていることは、主体的な学びを成立させるのに欠かせません。前稿での学習方策の考察に続き、本稿では目的意識に焦点を当てて、授業評価アンケートの回答データを解析してみたところ、様々な示唆が得られました。 ❏ 学びに向…

続きを読むread more

学習方策の獲得はどこまで進んでいるか

新課程への移行を目前に、日々の授業で「主体的、対話的な深い学び」をこれまで以上の水準で実現していくことは喫緊の課題です。授業評価アンケートや、ルーブリックを用いた活動評価、ポートフォリオに残された各種ログなどを検証材料に、如上の学びの実現度を把握し、新しい学力観の下での授業改善を着実に進めていきたいものです。 本稿と次稿では先ず、…

続きを読むread more

課題の仕上げは個人のタスクに(後編)

様々な授業内活動を通じて課題解決の糸口を得るとともに必要な材料を揃えたら、仕上げの段階は生徒一人ひとりの個人タスクに戻すべきというのが前編の趣旨です。活動を通じて深めた学びは、生徒一人ひとりが手元に戻して答案などの形に仕上げてこそその成果を固定できます。 アウトプットを通じてインプットの不備を知ること、答案としての充足要件に照らし…
トラックバック:5

続きを読むread more

課題の仕上げは個人のタスクに(前編)

学んだことを活用して解決すべき課題をきちんと用意し、対話や協働を含む様々な学習活動を通してその解決に必要なもの(知識や技能に加えて思考・判断・表現の力、学習方策など)を獲得させたとしても、学びの仕上げにどのように取り組ませるかで、学びがどこまで深く確かなものになるかが決まり、その後の学びのあり方も大きく左右されます。 対話や協働を…
トラックバック:4

続きを読むread more

考えるための道具(体系的知識)を揃えさせるときの手順

思考のための道具は知識です。どの単元を学ぶときでもある程度まで体系的な知識を整えさせないと、その先に取り組むべき思考・判断・表現といった活動には進めませんが、体系的な知識を形成しようと先走り、導入フェイズから長々と説明を聞かせては生徒は退屈するばかりです。 その日の授業で学ぶことに「興味」や「理解する必要性」を感じ取る前にあれやこ…

続きを読むread more

"長期休校への入試での配慮"が及ぼす影響を考える

新型コロナウイルス感染症の拡大によって休校が長引き、入試までに学習範囲を終えられない可能性が高まったことで、高校や大学は入試での配慮が求められ、そろそろ対応が出そろってきました。出題範囲を縮小するケースもあれば、特別な配慮をしないと決めた大学もあります。 報道でも、コロナ禍の大学入試、分かれる対応(朝日7/31)、公立高入試、出題…

続きを読むread more

学習内容が同じでもアプローチによって学びの質は異なる

生徒にとって新しい単元を学ぶのは、歩いたことのない道を歩き、訪ねたことのない目的地を目指すようなもの。歩き方にも色々とあります。以下の3つのシチュエーションを思い浮かべてみてください。 先導する先生にくっついて、先生が決めたルートをただ歩く。ゴールまで歩き終えたら、通ってきた道を地図上で確認する。事前にゴールまでのルートを考え、地…

続きを読むread more

夏季休業(8月8日より16日まで)のお知らせ

長かった梅雨も明け、ようやく夏の日差しが届き始めました。 近所の百日紅(さるすべり)が本格的な夏の訪れを伝えてくれますが、急な暑さに体調管理の難しさを感じる日々です。 先生方も夏休みが短縮される中、3月からのイレギュラーな対応の連続でお疲れもたまっておられると思います。くれぐれも、ご体調には十分ご配慮の上、日々お過ごしくださ…

続きを読むread more

学力差、苦手意識への対応

1 苦手意識を抑えて、伸びている実感を持たせる1.1 苦手意識を抑えて、伸びている実感を持たせる(まとめ) 1.2 学力向上感、得意・苦手に成績が及ぼす影響は? Updated! 1.3 難易度からの得意・苦手の意識が受ける影響 Updated! 1.4 活動性が苦手意識を抑制する機能とその限界 Updated! 1.5 不要な…
トラックバック:3

続きを読むread more

学力向上感、得意・苦手に成績が及ぼす影響は?

授業を受けて学力の向上や自分の進歩があったかどうか、あるいはその科目が得意か苦手かを生徒が判断するとき、定期考査や模擬試験の点数が生徒の意識にどの程度まで影響を与えているかというご質問をいただくことが時々あります。 結論から言えば、成績という数字の影響は確かにありますが、他の要素からの影響も決して小さくありません。振り返りによるメ…
トラックバック:6

続きを読むread more

難易度からの得意・苦手の意識が受ける影響

教材や課題の難易度が上がるとその科目への苦手意識が膨らむのは容易に想像できますし、実際のデータでも確認できます。しかしながら、苦手意識の発生には様々な要因が絡み合っており、目標水準を引き上げたからといってそのまま苦手の拡大に直結するわけではありません。 以前の記事「活動性を高めて苦手意識を抑える」でデータを示してお伝えした通り、授…
トラックバック:4

続きを読むread more

活動性が苦手意識を抑制する機能とその限界

以前の記事でも書いた通り、授業や課題の難易度をある程度引き上げても、活動性を十分に高めておけば苦手意識を遅らせることができます。教え合い・学び合いが知識や理解の不足を補うことが課題解決の可能性を高めるのは想像に難くありません。 しかしながら、その機能にも限界があります。学習者集団ごとの負荷耐性というものがあり、それを超えた負荷をか…
トラックバック:4

続きを読むread more

不要な苦手意識を抱かせない(後編)

ある科目に苦手意識を持てば、学び続ける意欲を持ちにくくなりますので、その先に生まれるかもしれない「新たな興味」と出会う可能性が失われていくばかりです。 もしかしたら、その興味が広がり、深まった先に自分の適性や資質とマッチした将来が開ける可能性があるのに、不要な苦手意識を持たせたりそのままにしては、拓けるはずの未来を狭めてしまってい…
トラックバック:1

続きを読むread more

不要な苦手意識を抱かせない(前編)

小学校入学以来の学びの経験の中で、苦手意識を膨らませてしまっている生徒は少なくありません。中には、実際には成績も悪くないし、授業には問題なくついて来られるのに、その科目が得意か苦手かと訊かれると「苦手」と答える生徒も思いのほか多くいます。 苦手意識を抱えたままでは、与えられたことを超えて積極的に挑もうとする意欲を持てなかったり、少…
トラックバック:4

続きを読むread more

生徒が自力で学べる範囲を広げ、再びの休校に備える

新型コロナの感染が再び拡大しており、これから先、どこにクラスターが生じるかわからない不安も感じます。緊急事態宣言の時と同じような一斉臨時休校は、家庭の不安、教育の保証などの問題もあり、要請される可能性として高くはないと思いますが、校内で感染者が確認されての臨時休校は想定しておく必要がありそうです。 ❏ ICT環境の整備は必須だ…

続きを読むread more

板書の技術 #INDEX

科目や単元の内容を学ばせる中で様々な能力・資質を獲得させるには、相応の学習活動(対話的な学びやPBLなど)を授業に組み込む必要があります。(cf. カリキュラムは{学習内容×能力資質}で設計する) これまで以上に充実を図るべき学習活動に十分な授業時間を割くには、活動(思考、対話、協働)の土台となる知識・理解の伝達にもたもたと時間を…
トラックバック:5

続きを読むread more

板書の技術(その7)

本シリーズのタイトルは「板書の技術」でしたが、ここまでに触れたことの中には、いわゆる「板書のテクニック」とイメージの異なるものが多く含まれます。これは、黒板が単なる伝達/情報提示のための道具ではないことの証左ではないかと改めて考えるしだいです。 最終回では、学習者側での活動まで視点を広げ、効果的で、且つ不要な弊害が出にくい板書のあ…
トラックバック:1

続きを読むread more