授業評価アンケート~正しい活用と質問設計

生徒による授業評価アンケートに限らず、何かを評価するときの目的はその改善を図ることに外なりません。授業評価は多面的に行わなければなりませんが、そこで用いる様々なツールの内、授業評価アンケートが測定すべきは、学習の主体である生徒の側での認識です。 アンケートを通して確実に把握しておきたいのは「授業を受けて学力の向上や自分の進歩を実感…
トラックバック:9

続きを読むread more

実習・実技系の授業評価アンケート

体育、芸術、家庭などの実技実習系教科でも、講義座学系の教科と同様に学習を通じて自らの進歩や成長を実感できることは、学びを継続する意欲の原資です。各評価項目の質問文は、学習効果を実感できる授業が備える要件を記述したものですので、集計結果を使ってどこかにボトルネックが生じていないか常に点検しておきたいものです。 2015/05/25 …
トラックバック:16

続きを読むread more

自分の取り組みの成果を発表できる機会

自分の取り組みの成果を発表することの効果は、発表という目標に向けて意識的な取り組みを促せることだけではありません。取り組みの成果を存分に伝えられれば達成感を原資とする次へのモチベ―ションが得られますし、仮に多少の失敗を含んだときにも次に向けた課題が形成できるなど、次に向かうきっかけになります。 また、他の生徒の成果発表に触れること…
トラックバック:1

続きを読むread more

授業を受けて実感できる自分の進歩

自己効力感を高めることができれば、そこに主体的な取り組みや積極的な姿勢が作り出されていきます。逆に下がってしまった状態では、できない自分に向き合うことへの抵抗から、対象に近づくことを避けようとする「負のモチベーション」 が発生してしまいます。 生徒に答えてもらった「授業を受けて、知識や技能が身につき、自分の進歩を実感できるか」とい…
トラックバック:1

続きを読むread more

振り返りを通じた成果のたな卸しと次への目標設定

興味や意欲は、努力して達成した中に生まれるものですから、振り返りを通じて自分の進歩を確認する場を整えることが、積極的な学びの姿勢を作ります。また、できたこととできていないことの切り分けがはっきりしないことには、次に何をするべきかを特定することもできません。振り返りとその支援のための助言が大切であるのは、このためです。 下表の通り、…
トラックバック:6

続きを読むread more

作業や練習の目的の明示、到達目標の設定

ひとつひとつの作業や練習に取り組ませる際、その目的や目指すべき到達状態をしっかりと示しておくことは、目的意識を持った主体的で積極的な授業参加を促すための大前提であるとともに、モチベーションの原資である達成感をより強固にしたり、パフォーマンスの向上を図るのにどうすれば良いかを気づかせたりする上でも欠かせません。 得意な生徒と苦手な生…
トラックバック:4

続きを読むread more

生徒の状況を把握した上での授業進行

生徒一人ひとりが現在どのような状況にあるのかを把握することの必要性は言うまでもありません。教える側では十分に状況を把握して進めているつもりでも、学びの主役は生徒ですから、定期的に「先生は、生徒の状況をよく把握しながら授業を進めているか」という質問をぶつけてみて、生徒側での認識もたしかめるようにしましょう。 状況の把握が不十分であれ…
トラックバック:3

続きを読むread more

戸惑いを抑える、約束事と個々の指示

何らかの行動を指示したときに、生徒が期待通りの反応をとれないことがあります。原因は様々ですが、大別すると「何を求められているのか把握しかねている場合」と「指示に応える態勢が整っていない場合」の2通りがあります。これに加えて、取るべき行動はわかっており態勢も整っているにもかかわらず、周囲の様子を伺ってしまい行動を起こして良いものか躊躇して…
トラックバック:5

続きを読むread more

練習や作業のポイントを把握させる

練習や作業のポイントがしっかりわかっていれば、勘所をつかんだ効果的な取り組みが期待できます。他方、ポイントをつかめないまま無為に時間を費やしては、当然ながら学びの成果は上がらず、次のステップに進むレディネスも調いません。いかに簡潔にポイントを捉えさせて、練習・作業に十分な時間を残すかが先生方の腕の見せどころです。 繰り返し言って聞…
トラックバック:5

続きを読むread more

対策はスピード感をもって着実に実行

学校に限らず組織経営にはスピード感が大事だと言われますが、矢継ぎ早に手立てを講じながら、その一つひとつの実行が疎かになっては何にもなりません。スピードと着実性を両立させる必要があります。対策の打ち出しだけはスピード感があるのに、肝心の実行フェイズでブレーキが掛かり、頓挫しては何にもなりません。 新型コロナの感染拡大が始まってから状…

続きを読むread more

学校評価、学校広報

1 学校評価アンケートをどう活用するか ★1.0 学校評価アンケートをどう活用するか(序) 1.1 意図は伝わっているか、成果はあがっているか 1.2 より良く知ってもらい理解と共感を得るために 1.3 効果を確かめ、教育リソースの最適配分を実現する 1.4 学校改革・教育改善を進めるときの羅針盤として 1.5 教育目標や指…
トラックバック:1

続きを読むread more

積極的な情報発信で校内外の不安に答える

新型コロナが教育現場を取り巻く環境にもたらした様々な変化に、生徒や保護者は大きな不安を抱えています。緊急事態宣言が解除され、一時の切迫した状態は脱したかのように思われますが、今後も状況は刻々と変化するでしょうし、そのたびに新たな不安が生まれます。 その不安に対して、自分が/我が子が通う学校がどんな答え/解決策を提示してくれるか、生…

続きを読むread more

校内外に示す、新しい生活様式のもとで目指す学校像

臨時休校が終わり、学校が再開されました。新しい生活様式への転換が求められる中、昨年度末に描いていた2020年の学校像にも大きな変更が余儀なくされたと思いますが、そんな状況だからこそ、改めて「様々な制限がある中でどんな学校を目指すのか」「どうやって新しい学力観での学びを実現していくか」を示す必要があると考えます。 校内外のステークホ…

続きを読むread more

理解を確認した後のフォローに不要な時間を取られない

授業ごとに/単元ごとにターゲットとなる問いや課題を設定するのは、教室での対面で行う学習活動と、それ以外の場で獲得させるものを切り分けることで限られた授業時間を効率良く活かすための方策の一つになるのは、別稿で申し上げた通りです。 そうしてデザインした授業をワンステップずつ確実に進めて行くには、前稿のように、ターゲット設問を分割した小…

続きを読むread more

ターゲット設問を分割~小さな問いで場面ごとの理解確認

その日の授業を終えたとき/単元をひと通り学んだときに、そこまでに理解したことをもとに考え、生徒が自力で答えを導くべき問いや解決すべき課題(「ターゲット設問」と呼びます)を与えることは、学習目標を把握させたり、何のために学んでいるかを認識させたりするのに有効であるのは、以下の各記事でもお伝えしてきた通りです。  ■ 学習目標は解くべ…

続きを読むread more

授業を通して21世紀型能力は育めているか

新型コロナウイルスの影響で当初の計画に大幅な見直しが迫られていますが、新課程への移行という眼前に迫る特大の課題も待ったなしです。来年度以降の教育課程表も、検討が進みフレームは出来上がっているでしょうが、大切なのはそのフレームにどんな中身を収めるかです。 先進的に行われてきた様々な取り組みの中で生み出されつつある知見や好適な指導方法…

続きを読むread more

改めて迎える「新年度」の始動に当たって押さえたいこと

緊急事態宣言の解除を受け、様々な活動が再開します。学校もリモートでの学習指導を続けてきたとはいえ、学年での指導、進路指導、生徒会活動なども含めた学校全体の教育活動では「改めての新年度」です。 新しい生活様式の中でどんな学校を作るか/作りたいか、展望と意志を示し、校内外のステークホルダ(生徒、保護者、教職員、地域の方々)の理解と共感…

続きを読むread more

動画で授業を完結しない~授業を構成するパーツとして

新型コロナによる臨時休校が長引く中、生徒の学びを可能な限り保証しようと教室での対面授業に代わる指導法が試されています。YouTubeでの授業動画の配信や zoomでの遠隔ライブ授業も拡充の一途です。 様々な方法が試されたことでそれぞれの方法の強みや弱みも明らかになってきました。深く確かな学びを実現するには、様々なツールを組み合わせ…

続きを読むread more

日々のチェックで授業デザインのブラッシュアップ

臨時休校、分散登校、短縮授業と、授業日数・指導時間の確保を困難にする要因がズラリと並ぶ中、日々の授業をより効率的で密度の高いものにするには教室の対面授業で行う学習活動を精選する必要があります。 ターゲットとなる問いを設定することは本時の主眼や指導の目標を明らかにするとともに、個人で出来ることと教室で行うべきことの選別にも有益である…

続きを読むread more

教室でしかできない学びを充実~問いを軸に授業を設計

臨時休校解除後の教室では、授業日数の不足やコマ数確保のための短縮授業も想定されます。今までと同じように教えていては、カリキュラムの消化すらおぼつかず、深く掘り下げた学びは困難になります。別稿でも触れた通り、「個人で出来ることと教室でしかできないことを切り分けて後者に重点」をおいた授業デザインが求められます。 教室でしかできない学習…

続きを読むread more