テーマ:目標の示し方、導入の工夫

目標の示し方、導入の工夫

1 学習目標の示し方1.0 学習目標の示し方(序) Updated! 1.1 学習目標の示し方(その1) Updated! 1.2 学習目標の示し方(その2) Updated! 1.3 学習目標の示し方(その3) Updated! 1.4 学習目標が伝わらない?(その1) 1.5 学習目標が伝わらない?(その2) 2 解…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

学習目標の示し方 #INDEX

学習活動において、生徒が学習目標を正しく認識していることは、生徒の側での情報補完を容易にすることで生徒の理解力を助け、授業のわかりやすさを大きく引き上げます。 目標とするところをきちんと把握できていないことには、目標を達成できたときの実感も曖昧になります。達成感はモチベーションの原資ですが、それが希薄になることのデメリットは計り知…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

学習目標の示し方(その3)~学び方の獲得も重要な目標

学習目標という言葉で最初に思い浮かぶのは「単元の内容を理解すること」かもしれませんが、それだけではありません。わからないことがあったときに調べたり、予習・復習を進めたりするときの「学習方策」を身につけることも、さらには協働で課題解決に臨む場面でのふるまい方や新たな知を作り出す探究の方法と姿勢などを獲得することもまた、学習活動を通じて生徒…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

学習目標の示し方(その2)~効果的な目標提示の方法

前稿(その1)でお伝えした通り、学習目標は導入フェイズでしっかりと、生徒が達成検証できる表現を与えて示すのが鉄則ですが、目標を示しっぱなしでは、確かな学びは保証されません。学びを終える前のアウトプットを通して、目標が達成できたかどうか点検させ、不足があればきちんと補うようにさせなければ、「目標を与えただけ」「やらせっぱなし」ということに…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

学習目標の示し方(その1)~目標を共有することの効能

教科学習指導に限ったことではありませんが、生徒に何かを学ばせようとするとき、事前に学習目標を正しく認識させておくことには、目標に照らした生徒側での情報補完が容易になる(≒理解力の向上)目標に達したことを実感しやすく、モチベーションの向上が図れる修正に何をすれば良いか見つけやすく、苦手意識を抑制できるといった多岐にわたる好ましい効果が期待…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

達成すべき目標やポイントをはっきり示す

学習を通じて到達すべき状態を生徒に理解させておくことは、授業のわかりやすさを大きく高めます。目指していることに照らして、一つひとつの説明や指示の意味をより良く理解できるようになるからです。目標に到達できたときの達成感もより強固になるため、次の学びに向けたモチベーションを向上させる働きも強まりますし、生徒の苦手意識を抑制する効果も確認され…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

生徒に見えている景色を想像しながら教えているか

先生方は教科の専門家であり、日々研究を重ねておられます。知の地平はぐんぐん広がり、より高いところから学問の全体を俯瞰しています。一方、学びの途上にある生徒の視野は限定的で、個々の知識や考え方の意味を捉えきれてないこともあります。これから学ぶ生徒と先生方はそれぞれ違う景色を見ていることを念頭に、生徒に何をどう伝えるかを工夫しないと、言葉は…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

隠されているものは覗きたくなる

先日、"所さんの目がテン"というテレビ番組で「のり弁の心理効果」を特集していました。このブログでのり弁について考察する気は毛頭ありませんが、「のり弁には好奇心をくすぐる宝探しのようなわくわく感がある」という点には興味を覚えました。「ご飯を隠すように海苔がのせられていることで、見えない中身を知りたいという意識が働く」というメカニズムは、学…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

論点(イシュー)を使った単元導入

学習目標を生徒に把握させるのに最も手早い方法は、一般的には「学び終えて解を導くべき課題を導入フェイズで与えること」ですが、科目の特性や単元の特性によっては"問題意識を刺激する(学びのウォーミングアップ)"で書いた通り、賛否の分かれるイシュー(論点)から入る導入も効果的です。 ❏ 賛否を違える意見に触れることで …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

取り組み方そのものを身につけさせる

どの教科・科目でも学習の目標を生徒と共有しているかどうかは学びの成果を大きく左右します。授業の目的や取り組み方について十分に理解させてから学びの本題に入ることにより、生徒は、学力の向上や自分の進歩といった学びの成果をより確かに実感できるようになります。 ❏ 学習目標の明示は学びが成果を結ぶ大前提 以下の表は…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

学習目標は解くべき課題で示す

日々の授業で学習目標を明示することはとても大切であり、実際の教室を覗いてみても、目標をきちんと示そうとする先生方の姿も以前より多く見かけるようになったように感じますが、従来の発想のまま、形式を整えるだけの目標提示に終始している授業も少なくありません。 単元名や指導案に書くような(=教員同士でしか了解し合えない)文言を板書しているだ…
トラックバック:14
コメント:0

続きを読むread more

解くべき課題は明らかなのに学習目標がわからない?

授業で得た理解と知識を用いて解を導くべき課題を導入フェイズで提示すると、生徒が学習目標を明確に認識することは、以前の記事「目標理解と活用機会を整える授業デザイン」でお示しした通りです。 しかしながら、授業評価アンケートの集計データでは、ときとして活用機会が整う度合いと学習目標を理解しているかどうかの相関が崩れていることがあります。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

導入フェイズの目的と方法

授業の冒頭や新しい単元に入るときに行う「導入」ですが、そこでの目的には何があるかをはっきりさせておかないと、工夫して作り上げた方法が目的にかなっているか/成果を挙げているかの判断がつかなくなってしまいます。 導入フェイズを終えて達成しておくべきことを思いつくままに挙げてみると、次のようなことがらでしょうか。 本時の学習を通じて達…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

知識活用の機会を生徒が認識できないとき

昨日の記事では、授業内外に「理解して覚えたことを課題解決に用いる場面を設けることが、学習目標の理解や学習を通じた成果(学力向上や自分の進歩の実感)を確かなものにする上、授業内活動を高めて対話的で主体的な深い学びの実現に近づく可能性をデータで示しました。 しかしながら、理解したことを用いて解決する課題が授業内外に整えられているのに、…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

チェックリストを用いた目標提示と達成検証

学習目標を示すときに最も効果的なのは、「学びを終えて解を導くべき問い」を導入フェイズで示してしまうことですが、練習場面や話し合いなどの活動では、「問いを解く」こと以外にも目標があるので、その伝え方を別の形で考えなければなりません。 練習を通じてできるようになるべきこと、活動への取り組み方、チームへの貢献の仕方といった「目指すべき到…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

活動性と学びの成果を繋ぐ鍵~課題を通じた目標理解

昨日の記事に書いた通り、授業時間内における学習者の活動性は昨今大きく高まっていますが、せっかくの活動性が学びの成果につながっていないように見受けられるケースも少なくありません。 各地で授業を拝見させていただきながら、非常によく設計された授業で、生徒の反応も申し分なく、実に楽しそうに勉強している様子に感銘を受けますが、学びの目的はあ…
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more

目標理解と活用機会を整える授業デザイン

生徒が学習目標を正しく認識し、習ったことを課題解決に用いる機会が整えられていることで、生徒は学びの効果(=学力の向上や自分の成長)を実感し、これに十分な活動性が加われば学習効果がより確実になるのは別稿「活動性と学びの成果を繋ぐ鍵~課題を通じた目標理解」でデータを用いてお示しした通りです。 話し方や板書、説明の組み立てなどの「確実な…
トラックバック:17
コメント:0

続きを読むread more

問題意識を刺激する(学びのウォーミングアップ)

教科学習指導の目標の一つは課題解決力の養成です。その土台を作るために授業を設計し、必要な知識を与え、理解を形成しようとしています。しかしながら、生徒側での課題認識、問題意識が希薄であったとしたら、どれほど熱く教えても、「打てども響かず」「吹けども踊らず」ということになりかねません。 この最初のハードルを越えるには、「学ぶことへの自…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

学習目標が伝わらない?(その2)

教える側と違って、学習者の側は何といっても学び始める前です。それだけに、単元や項目の目標や意義を示されても、そこに込めた意図をすべて受け止めるのは容易ではありません。 前稿では、そんな場合に試してみるべき方法として「内容を学び始める前のプレ活動」をご提案いたしました。今回は、それでもうまく行かなかったときの“次善の策”、終了時に使…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

学習目標が伝わらない?(その1)

授業に臨むに当たり毎時間の目標をちゃんと伝えているつもりなのに、あるいはシラバスを通じて示しているつもりなのに、生徒や学生にアンケート調査をしてみると、目標提示の項目で思いもよらぬ低評価…。こんな経験をなさっている先生方も少なくないようです。 目標を伝えていないのではなく、生徒/学生の側でそれを受け止められるだけの前提が揃っていな…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

目標提示が苦手意識を抑制

学習活動を通じて到達を目指すべきものと、それを達成するための手段とをしっかりと示しておくことが、生徒の苦手意識を抑制します。ガイダンス(=目標の提示と方法の周知)が徹底されることで、苦手意識の発生を抑えることができますが、ここで少しでも手を抜くと、生徒の苦手意識を不必要に膨らませてしまいます。 ❏ 目標の提示と方…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more