テーマ:学力差、苦手意識、負荷調整

知識をどこまで拡張するかは個々のニーズに合わせて

ひとつの単元を学んだんときに、どこまで拡張して知識を獲得させるか ── 生徒の進路希望を実現しようと、最大公約数的に広く網をかけていくと、「そこまでは必要ではない」という生徒に過剰な負担をかけることになりそうです。 同時に、さらに深い理解や思考、広い知識を必要とする生徒も、足りないものを残す状態においてしまうかもしれません。 …
トラックバック:27
コメント:0

続きを読むread more