テーマ:ノート指導、タスク管理

ノートにメモを取らせる指導(記事まとめ)

授業中にメモを取る力は、深く確かな学びに欠かせないものであり、学びに関わる姿勢と方策の表れでもあります。他者の話を聴きながら(あるいは文章を読みながら)、自らしっかり考え、その痕跡を文字に残していくというのが学びの場におけるメモのあり方ではないでしょうか。 ある実験では、同じ講義を聞かせた場合に生徒がノートに残した文字数とそれぞれ…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

ノートを取らせて学習スキルを確かめる

教室を覗いてみると、同じ授業なのに生徒のノートの取り方は実に様々です。おざなりなノートの取り方に「あとで復習するときにわかるのかな?」と心配になることもあれば、先生の板書は綺麗に写し取っていても、それ以外まったく書き込まれていない(=本人の思考の痕跡が見て取れない)ノートも少なからず見かけます。 その一方、同じ教室にはしっかりと整…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ノートにメモを取らせる指導(その2)

メモに起こす内容には、2つの種類があります。ひとつは、相手の発言などを記録するもの。講義を聞きながら大事だと思ったところをノートやレジュメの余白に書き込むのはどなたも行っていると思います。 もう一つは、相手の発言に触発されて、自分が感じたこと/考えたこと/思いついたことなどを文字に起こしたもの。こちらは、メモに残しておかない限り、…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

ノートにメモを取らせる指導(その1)

ノートの取り方は、生徒が身につけるべき様々な学習方策の中でもかなり重要度の高いものだと思います。先生が板書したものを整然とノートに写し取っているだけで「よし」としてはいけません。 自分で工夫してノートを取れるようになるというのは、生徒の内に「考えながら、人(=先生や周囲の生徒)の話を聞く力」「気づきを言語化できる力」「情報を自力で…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

黒板を写すと活動が低下?

昔からよく言われることに、「板書を増やすと、生徒は写すことばかりに気を取られ、学びの姿勢が受け身になる」というのがあります。この指摘には納得できる部分もなくはありませんが、「板書が多いこと自体が思考を妨げる」というのは短絡的に過ぎるのではないでしょうか。 受け身の姿勢が強調されたり、自ら考えようとしなくなったりする要因は、板書の多…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

定期考査の失敗を繰り返させない~リベンジ自習会

そろそろ中間考査の時期です。新学期を迎えてからここまでに生徒が学習の正しい方法と習慣を身につけることができたか、この機にしっかり確認しましょう。特に1年生は、生活環境も学習内容も大きく変化した中で、学びのスタイルを上手くアジャストできたかが試されます。 年度が替わって初めての定期考査にきちんと結果を出せた生徒はひとまずこれまでのや…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ノート指導、タスク管理

1 ノートにメモを取らせる指導 Updated!1.0 ノートにメモを取らせる指導(記事まとめ) 1.1 ノートにメモを取らせる指導(その1) 1.2 ノートにメモを取らせる指導(その2) 1.3 ノートを取らせて学習スキルを確かめる 2 学習機会としての模試受験2.0 学習機会としての模試受験(序) 2.1 学習機会としての…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

指示を的確にこなす生徒~それだけで良いのか?

どの生徒のノートもしっかり板書を書き写しているし、予習も完璧に行われており答え合わせだけで十分。生徒を指名しても期待通りの答えがきっちり戻ってくる。一見すると「これまでの指導の成果」のように見えなくもありませんが、どこかに違和感を覚えます。 もちろん、ちゃんとノートを取れない、予習もしない、答えさせれば的外れというのでは、これまで…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

高校生のタスク管理&スケジューリング

生徒にもやるべきことが山ほどあります。日々の勉強に加え、部活動や生徒会活動、家事や家業にアルバイトなど、タスクの多様さは社会人を上回るかもしれません。時間を効率的に使い、手持ちの時間の中にやるべきことをきちんと配列できるようになってもらいたいところです。 多彩なタスクの中で、生徒が自分を成長させ、未来を拓く力を身につけていくのに必…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

予復習のデザインに加えて、履行率を高める工夫を

前々稿、前稿で予習と復習でどんなタスクに取り組ませるかを考えましたが、もう一つ重要なことは「いかに履行率を高めるか」です。どんなに明確な目的をもって予復習のタスクをデザインしても、履行してくれないことには効果は得られず、却って様々な弊害を招きます。 2015/04/16 に公開した記事をアップデートしました。 旧タイトル「予習・…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

模試受験後の指導~進路希望を維持させる~

模擬試験を受験させた後の指導は、進路希望の実現への意欲を維持させる上で最も大切なことのひとつです。それまでの自分の学びをきちんと振り返る中で「次に向けた課題」を明確にできるかどうか、戦略を立て直すことで「志望実現に向けた勝算」を描き続けられるかどうかが、受験生としてのその後を大きく隔てます。 2014/11/28 に公開した記事を…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

学習機会としての模試受験(その3)~好機はいつ?

近くに予定されている模擬試験をターゲットに学び直しに挑ませる機会を整えるのは、未習熟・未定着を解消して模試の成績を引き上げるためだけではありません。これまでの学びを振り返らさせて、主体的かつ計画的に学習を進める姿勢と方法を学ばせることも狙ってのことです。 2014/11/27 に公開した記事を全面的にリライトしました。 &#…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

学習機会としての模試受験(その2)~計画させる

模擬試験に向けた「学び直し計画(仕上げさせる)」で大切にしたいことのひとつは「やるべきことを生徒自身の判断で選びださせる」ことです。教員側から課題を指定し履行させるだけでは、効果的で実行可能性を備えた計画を立てるトレーニングになりません。 できることはどんどんやらせる~生徒の邪魔をしないのは当然ですが、それに加えて、「できるように…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

学習機会としての模試受験(その1)~仕上げさせる

模擬試験を受験させるのには、出願校選択のための合否判定データを揃えるという目的もありますが、この部分に過大な意味を持たせるのではなく、「学習の機会」という位置づけで模試を捉えるのが好適です。 模擬試験に向けて数週間程度の準備期間を設け、生徒が自分の課題を設定してひとつずつ仕上げてクリアしていく場合と、漫然と場数だけ重ねて行く場合と…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

学習機会としての模試受験 #INDEX

模擬試験には、当然ながら合否判定の結果をみて志望校/出願校を選ぶという使い方もありますが、学習機会としても積極的・戦略的に利用したいものです。少なくとも半日、ときに丸一日という多大な時間を模試に費やした挙句、合否判定の結果で進路の可能性を狭めていくだけならば、授業を進めた方がましかもしれません。 2014年11月に起こしたシリーズ…
トラックバック:17
コメント:0

続きを読むread more

春休みの宿題~やるべきものを選ばせる

2017-02-08 更新 一月は行く、二月は逃げる、三月は去ると申します。多忙な日々を送る中、あっという間に終業式を迎え、生徒は春休みに入ります。そんな中、春期休業期間中の生徒に課す宿題は、もうお決まりになったでしょうか。 長期休業期間中は、時間的に余裕があるからこそ、平常期にできなかった課題に挑んでもらうという考えもあろうか…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

ビジネス手帳を用いた指導の可能性(その6)

手帳を使った、日々の、あるいは週ごと月ごとの振り返りの効果は、その場だけのものに限りません。記録を残して定期的に読み返すことで、様々な副次的効果も期待できます。同じ轍を踏まないこと、そして成功したときの自己イメージを強く持つことも、記録によってもたらされる効果です。 ❏ 反省や思いを記録に残すこと自体に意味がある…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ビジネス手帳を用いた指導の可能性(その5)

手帳の回収・点検を通じて、日々の学習時間を把握している学校があります。当然ながら、生徒が手帳に記録したままの状態では、集計したりデータとして解析に利用したりすることができないため、担任の先生が手帳を見ながらエクセルに手入力しているケースがありました。 ❏ 手帳に記録されている定量的情報をデータ化 手間の負担…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ビジネス手帳を用いた指導の可能性(その4)

3ヵ月先、半年先を見据えて今なすべきことをイメージできる状態を保つことは、分岐点となる「選択の機会」に十分な準備を整えて臨むために欠かせません。そのためのツールとして、ビジネス手帳には大きな可能性と優れた機能が備わっています。 ❏ 進路の手引きや進路通信との併用を前提に しかしながら、同様のことを手帳なしで…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

ビジネス手帳を用いた指導の可能性(その3)

中学生や高校生が養うべきと考えられる自己管理能力のうち、2つ目は「予定を立てて、計画的に行動できること」です。これについても、時間軸に沿って配置された紙面を眺めて全体を掴む、という手帳が持つ利点が生かせそうです。 ❏ 予定を立てる=所用時間を見積って、優先順位をつける 宿題や提出物など、それぞれの用事につい…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ビジネス手帳を用いた指導の可能性(その2)

提出物などの忘れものが減ったという報告は、手帳を導入した学校の大半で聞かれます。授業、ホームルーム、部活、委員会など、様々な場面からのタスクを一括で情報管理しておくことは、失念を防ぐのに効果的であることは容易に想像できます。 ❏ 情報の一括管理が、忘れ物を減らす たとえば宿題が出されたときに、科目ごとに作っ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ビジネス手帳を用いた指導の可能性(その1)

ビジネス手帳を使って生徒の自己管理能力を高めようという取り組みが、広がりを見せています。当然ながら、使うのは先生ではなく生徒です。宿題や提出物の期限を書き込むことで忘れ物が減ったり、学習生活を振り返らせることで自律的な生活態度が養われたり、といった効果が報告されています。 首都圏の私立高校で実際に採用されているオリジナルの手帳(生…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more