テーマ:学校経営

効果測定とスクラップ&ビルド(教育資源の最適配分)

高大接続改革と次期学習指導要領への対応の中で様々な新しい教育活動が採り入れられていますが、これまで作り上げてきた教育活動に「足し算」していくだけでは、限りある教育リソースが枯渇するのは火を見るより明らかです。以前から行われていることや新しく取り入れてみたことは一つひとつきちんと効果測定を行い、効果のないもの/費用対効果に劣るものを取り止…
トラックバック:13
コメント:0

続きを読むread more

学校説明会での来訪者アンケート

秋本番を迎え、学校説明会や授業公開など来年度の生徒募集を見据えたイベントが連続します。そこでは、学校側が考える「望まれる学校・選ばれる学校」のイメージをもとに、これまでの取り組みに加えて、今後の教育、学校づくりの方針が示されるわけですが、来訪者の心にどこまで思いが届いたかしっかりと確かめたいところ。 いくら素晴らしい価値を打ち出し…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

授業評価アンケート~質問設計と集計方法~(その4)

アンケートの回答集計が、教科ごとに丸められて授業ごとの集計に戻れなくなってしまっているケースがあります。中には、教科集計すら残らず、「学校全体では授業の満足度は○%です」という最終結果だけが保存されている学校もありました。これでは、総体としての傾向はつかめても、個々の授業が抱える改善課題をデータに照らして探ることができません。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

授業評価アンケート~質問設計と集計方法~(その3)

学校によっては、授業評価アンケートを担当する授業ごとに実施し、先生が自分で集計していることもあります。いまだに「正」の字を書いて数えるケースも少なくありません。大きな手間が掛かり、教材研究や生徒対応の時間を削っていることは容易に想像できます。 ❏ クロス集計で課題を浮き彫りにする 集計結果は、管理職への提出…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

授業評価アンケート~質問設計と集計方法~(その2)

「真面目に取り組んできましたか」と冒頭で尋ねられることで寛容化傾向が強まることがあります。「真面目に取り組んでいないのだから、授業がわからないのも仕方ないのかな」という意識が生じた生徒は、以降の質問にNOを選びにくいと感じるようになります。 ❏寛容化傾向が、課題形成と成果検証を妨げる 「授業を評価する前に襟…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

授業評価アンケート~質問設計と集計方法~

授業評価アンケートの質問設計の見直しや、既存データの再解析をご用命いただくケースが増えています。以前から生徒による授業評価アンケートを続けているのに「改善効果が見られない」「形だけになってしまい、結果が活用できない」などの問題意識からのご相談がきっかけです。 せっかく手間をかけて実施するアンケートです。答えてくれた生徒に「より良い…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

授業改善に向けた取り組みに関するアンケート調査の結果 (その5)

夏休みは学校の先生方が様々な教育研究機関に出向いて教員研修に参加される時期です。代々木ゼミナールでも「授業法研究ワンデイ特別セミナー」を開催します。今回の調査の結果では、目的に応じてそれぞれの機会を使い分けている様子がうかがえました。 7.予備校や大学などが主催するセミナーへの参加は? 大学等の外部研究機関での研修機…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

授業改善に向けた取り組みに関するアンケート調査の結果 (その4)

模擬試験の結果に基づく校内研修は、大半の学校でシステマティックに行われているようです。模試業者から担当を招いて学力分析を行っているケースが多くなっています。このアンケートではお尋ねしませんでしたが、志望群ごとに資料を分けて子細な検討を加えたり、あるいは過年度卒業生の記録と照らして対応協議を行っているなど、業者に頼らず校内独自のノウハウを…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

授業改善に向けた取り組みに関するアンケート調査の結果 (その3)

研究授業という形態をとっている学校は約半数という結果でした。研究授業を実施する目的が、「学校や教科として設けた授業像の実現に向かうための協働」であるとしたら、研究テーマが設定されていることが成立のための必須要件になるはずです。 3.校内研究授業の実施頻度と外部講師の招へい 相互参観を主体とする場合も、「どんなところに着目…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

授業改善に向けた取り組みに関するアンケート調査の結果 (その2)

3分の2以上の学校で年2回の授業評価が行われていながら、教科組織以上のまとまりで授業改善に向けた「課題の共有」と「改善行動の協働」が行える状態にあるのは半数に満たないという結果です。 授業改善は基本的には教員当人が取り組まなければならないものではありますが、一方で、学校としてもより良い授業の実践を促す責任があります。こう考えてみれ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

授業改善に向けた取り組みに関するアンケート調査の結果

教育実践研究オフィスFでは、学校での授業改善活動の現況を把握すべく、高校と中高一貫校を対象としたアンケート調査を行いました。授業アンケートや研究授業、校内外での研修に関する実施状況をお尋ねしました。ご協力をいただきました各校の皆様にはこの場をお借りして感謝申し上げます。 今回の調査で把握できた概要をもとに、今後は現地調査、ヒアリン…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more