テーマ:評価、効果測定・成果検証

新しい学力観に基づく評価方法(記事まとめ)

高大接続改革や次期学習指導要領に向けて、教科学習や探究活動における指導法の改善は各地での試行と工夫で進んできたようです。各地の現場で授業公開や成果発表を見て回ると、様々な新しい取り組みに心躍ります。しかしながら、新しい学びに応じた評価方法はというと指導法の改善ほどは議論も行動も進んでいないのかもしれません。 きちんとした評価ができ…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

評価、効果測定・成果検証

1 効果測定を通じた教育資源の最適配分1.1 効果測定とスクラップ&ビルド(教育資源の最適配分) 1.2 働き方改革~校務の見直しと再構造化(記事まとめ) 1.3 学校経営計画の進捗を確かめ、達成可能性を高める Updated! 1.4 選考基準は妥当だったのか~追跡調査に基づく検証 2 データを用いて理解者と賛同者を増やす2.…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

副作用を抑え、効能を最大化するルーブリック評価の運用

ここで改めて申し上げるまでもありませんが、新課程への移行に伴って「知識・技能」「思考・判断・表現」「主体的に学習に取り組む態度」の3観点での学習評価が行われるようになります。 文科省が示した指導要録(参考様式)にも、各教科・科目の観点別学習状況を記載する欄が設置されています。指導要録に、評定とともに観点別学習状況が「AAA」といっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生徒は評価者としてどこまで成長しているか

発表やプレゼンの評価、論述答案の採点などにルーブリックを適用してみたとき、生徒による自己評価の結果と先生方の目での評価の結果との間にどのくらいのズレが生じているでしょうか。 同じ評価/採点基準(観点別に定めた段階的な評価規準)に照らしている以上、基準の適用が正しくできれば、先生がやっても生徒がやっても結果は同じになるはずなのに違い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大きな成果が出た時にこそ~実践の共有と継承

進学実績にしろ、模擬試験や外部検定の成績にしろ、あるいは授業評価や学校評価のアンケートにしろ、成果が出たときの行動こそが重要だと思います。結果を受けた振り返りというと、どうしても課題/反省点の洗い出しに意識が向きがちですが、成果をあげた好適な取り組みにも、しっかりとスポットライトを当てましょう。 失敗に原因があるのと同様に、成功に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月の授業開きを思い出して~夏を迎える準備

学期が終わりに近づいたこのタイミングでしっかりやっておきたいことの一つは、新学期に生徒に伝えたメッセージがどこまで生徒の中で消化され、自分のものとして習慣化/確立しているか確かめることです。 新学期が始まる時に、教科担当者として、ホームルーム担任として、生徒には様々な期待(身につけて欲しい能力や資質、考えて欲しいこと、取れるように…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

考査の結果から自分の授業を振り返る

期末試験が間もなくです。生徒の答案には、先生方のこれまでの指導の成果が現れますので、答案の採点は、力を入れてきたことがどれだけ実を結んだか、どこに不足があったかを探る絶好の機会になるはずです。 期末試験の答案返却から終業式へと続く時期はいつも以上に慌ただしい日々と存じますが、採点を通して気づいたことは(簡単にでも)メモに残し、これ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

特色ある教育プログラムへの生徒の取り組み状況は?

1学期が間もなく終わりますが、学校が打ち出している「特色ある教育活動」に対し、この春に入学した生徒は十分な熱意を持って取り組んでくれているでしょうか。意図するところを正しく理解しているか、きちんと取り組めているか、所期の成果が上がりつつあるかなど、この機に点検しておく必要があろうかと思います。 もし、これらの観点でどこかに不足があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学校経営計画の進捗を確かめ、達成可能性を高める

1学期も終わりに近づきました。年度の冒頭で打ち出した学校経営計画がどこまで実行され、目標とした事柄が達成できそうか、この機に中間検証を行っておくべきかと思います。当然ながら、目標達成に不安がある箇所には達成可能性を高めるべく有効な対策を講じていきましょう。 2018/07/09 公開の記事をアップデートしました。 ❏…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

指導目標と指導方法が変わったら定期考査の問題も

教科学習指導に限ったことではありませんが、「目標とするところ」と「目標に到達するための方法や計画」の間には高い整合性が必要です。両者の間のズレを放置しては、目標が達成される見込みも立ちません。 同時に、指導がどこまで成果を得たかを測定する評価方法も、学習目標にマッチしたものである必要があります。目標までの距離を正確に測れないことに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出題研究の成果を踏まえて、考査問題のアップデート

この1月には大学入学共通テストが実施され、どんな方向に学力を形成していくべきか、具体的な方向が見えてきました。今後も出題の改善は続くでしょうが、試行テストのときから出題意図は一貫しており、今後も大きな方向転換はないものと思います。 まもなく、今年度最初の定期考査である1学期の中間考査ですが、大学入学共通テストや意欲的な大学群の出題…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

指導計画は所期の効果を得ているか~中間検証の準備

新学期が始まって数週間が経過し、学校もようやく平常運転と思っていたところに、緊急事態宣言の発出などで分散登校やオンライン授業への切り替えを余儀なくされている地域もあります。 本年度の教育活動にも年度末の段階で計画した通りに進めるのが難しい部分が出てきているのではないかと思い、各地の学校のご様子をお伺いしてみると、計画に多少の変更は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

効果測定は、理解者と賛同者を増やすため

以前の記事「 効果測定とスクラップ&ビルド(教育資源の最適配分)」 をお読みいただいた先生から、「効果測定や成果検証の必要性は十分にわかっているが、作業が増えることに負担感もあり、どうしても二の足を踏んでしまう」とのご感想を頂戴しました。 確かに、指導の効果測定を行うには相応の手間がかかります。「足し算だけのビルド&ビルドから抜け…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

教育手法開発・指導法改善に向けた計画作りは万全?

いよいよ新年度が目の前です。既に新年度の指導体制は整って、生徒向けの指導は年間での計画もほぼ固まっていると拝察いたしますが、もう一つ計画をしっかり立てておきたいのは、個々の教育活動の成果をどう測りながら、教育手法を開発や指導法の改善を進めていくかです。 新課程への移行に伴い、様々な新しい取り組みが始まっていることと思いますが、やり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教育目標から自己点検に用いる評価規準への書き出し

建学の精神や教育理念のもとで各学校は教育目標を定め、その達成のために教育活動を行っていますが、学校評価アンケートなどで生徒に「教育目標に掲げられた『目指すべき人物像』に近づけているか/近づけそうか」と聞いてみると、なかなか力強い答えが返ってきません。 教育目標は「ただ掲げているもの」ではないはずですし、その達成には先生方のみならず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生徒を中心に授業を観る(その2)

本稿のタイトルは「生徒を中心に授業を観る」ですが、教室に足を運んで生徒の「行動」を観察するにしても、指導者行動の在り方を考えるのにはテストや行動評価の結果、リフレクション・ログ、授業アンケートなどに表れた「学習成果」を観察に据える必要があります。 教室に足を運ぶ前にやっておくべきこととして、成績や学習行動の変化や学びに対する生徒の…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

正答率の予測ができれば授業設計も最適化

正答率を正しく予想できるということは、問題が要求する様々な学力に照らした「生徒の状況把握」が正確に行えているということです。 教科学習指導は、目標学力と生徒の現況学力との差を埋めるための行為であり、正答率の予測精度(=現況学力を正しく把握しているか)は、指導設計の妥当性に大きく影響を与えます。 様々な場面で実際に予測を行って…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

学びに向かう力/主体的な学習姿勢をどう評価するか

新課程への移行を目前に、評価に対する関心が高まってきています。特に、「知識及び技能」「思考力、判断力、表現力等」と並んで『育成を目指す資質・能力の三つの柱』の一角を占める「学びに向かう力、人間性等」(評価の観点では「主体的に学習に取り組む態度」)についてはとまどいが先行する中で様々な議論がなされています。 高大接続答申の記述では「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カリキュラム・マネジメントの実行&検証フェイズ

カリキュラム・マネジメントという言葉が広く使われるようになってだいぶ経ちますが、マネジメントとは言うまでもなく「目標を達成する/成果を上げる」ためのものであり、計画、実行、検証、対処(いわゆるPDCA)で構成される活動です。 カリキュラムを通して形成しようとしている学力が変化した以上、計画フェイズに当たるカリキュラムの作成には従来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日々のチェックで授業デザインのブラッシュアップ

臨時休校、分散登校、短縮授業と、授業日数・指導時間の確保を困難にする要因がズラリと並ぶ中、日々の授業をより効率的で密度の高いものにするには教室の対面授業で行う学習活動を精選する必要があります。 ターゲットとなる問いを設定することは本時の主眼や指導の目標を明らかにするとともに、個人で出来ることと教室で行うべきことの選別にも有益である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

考査問題の妥当性を評価し、最適化を図る #INDEX

「授業で何を教えるか」と「考査で何を測るか」はともに、担当する先生方の頭の中にある学力観を反映したものだけに、両者はほぼ同じものです。片方の最適化を図れば、もう一方もおのずと改善されます。 授業改善を図ろうとするとき、相互参観や研究授業を開催することが多いかと思いますが、指導で何を目指すかという「主眼」に関わる部分については、考査…
トラックバック:13
コメント:0

続きを読むread more

試行テストの分析で用いられた出題評価の手法

2018年11月に実施された大学入学共通テストの試行テストの検証結果が大学入試センターのホームページで公開されています。既にご覧になられたと思いますが、本日のブログでは、結果分析で用いられていた出題評価の様々な方法を取り上げてみます。校内で導入するにはハードルが高いものもありますが、考査問題の妥当性を評価し、最適化を図る際にも知っておい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

設問ごとに出題の妥当性を確かめる

設問ごとに出題の妥当性を確かめるには、得点データを用いた定量的なアプローチと、内容に基づく定性的なアプローチがあります。 前者を用いて本格的に設問の妥当性を検証しようとすると、別稿「試行テストの分析で用いられた出題評価の手法」でご紹介するような手法を導入する必要がありますが、日々の教科学習指導の中ではコスパを優先して、もう少し手軽…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

考査問題の妥当性を考える時の視点(その2)

前稿で申し上げた通り、先生方の頭の中にある教科観・学習観は、授業のあり方と考査の作り(内容・配点・採点方法)の双方に表れます。 考査問題の現物を眼前に広げ、データも使って客観視した上で、個々の問題が何を測定しているのか改めて考え、測るべき学力を正しく点数に反映できる考査に近づけて行くことは、教科観・学力観の更新、ひいては授業の改善…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

考査問題の妥当性を考える時の視点(その1)

考査問題で何を測るかは、授業で何を教えるかと「ほぼ同義」です。教える側には、意識しているか否かに拘らず、「学力観」「教科観」が頭の中にあり、それが一方でテスト問題に、他方で授業実践に現れます。 出どころが同じだけに、それが表出した両者が互いに近いものになるのは当然です。考査問題を拝見すると、作成された先生がどんな授業をするかおよそ…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

新年度に向けて、最終結果と照らした指導の成果検証

早いもので1月も終わりを迎えました。センター試験の結果も既に出ていますし、最終的な出願校も決まったはずですので、3ヵ年/6ヵ年に亘って行ってきた学習指導と進路指導の成果を測るのに必要な指標は、これですべて揃ったことになります。 一般入試の合否結果はまだですが、それを待っていては来年度の指導計画にこれまでの指導を振り返っての成果と課…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

先生も生徒も、評価者としてのトレーニング

新しい学力観への転換に伴い、指導方法の工夫を重ねるのと並行して評価方法にも組み直しが必要になりますが、ここで忘れがちなのは、新しく設けた評価基準を正しく適用できるようになるための評価者としてのトレーニングです。試行期間を使ってしっかり練習を積みましょう。 当ブログでも繰り返し申し上げてきましたが、学習評価は以下のような様々な材料と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しい評価の実行可能性を高めるための工夫

新しい学力観への転換が図られる中で、学習指導の方法の工夫と開発が進んできました。新たな指導法を開発・発見すると、すぐに教室で試してみたくなりますが、ぐっと立ち止まって「評価はどうする?」と自問してみましょう。ここに来て、学習評価の改善も本格化な取り組みを始めた学校も少なからず見受けられるようになってきました。 学習の「結果」と「プ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どこにスケールを当てて学びの成果を測るか

学力を測定するとき、評価を行う時点で生徒がどこまで到達しているかを見るのが普通ですが、前稿でも触れた「学びを経て生じた差分」にも十分な注意を向けるべきだと思います。 新課程への切り替わりを前に「主体的・対話的な深い学び」の実現に向けて様々な指導法の工夫がなされる中、評価においては「到達したのがどこか」に加え、学びを通して「どのくら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最初の答えと作り直した答えの差分=学びの成果

何らかの課題や問いを与えて生徒に取り組ませるとき、生徒が最初に作った答え(=単元やテーマを学ぶ前の段階で考え出せたこと)を保存しておき、それを学び終えて仕上げた答えと比べてみると、両者の違いに着目することで学びの成果を確認・可視化できるようになります。 たとえ、答えに行きつかなかったとしても、書きかけの答案や題意を図に起こそうとし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more