テーマ:その他のテーマ

改めて迎える「新年度」の始動に当たって押さえたいこと

緊急事態宣言の解除を受け、様々な活動が再開します。学校もリモートでの学習指導を続けてきたとはいえ、学年での指導、進路指導、生徒会活動なども含めた学校全体の教育活動では「改めての新年度」です。 新しい生活様式の中でどんな学校を作るか/作りたいか、展望と意志を示し、校内外のステークホルダ(生徒、保護者、教職員、地域の方々)の理解と共感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

授業再開にむけて整えておきたい準備(記事まとめ)

緊急事態宣言の解除が進む中、学校の再開にむけた準備が本格化しています。「休校期間中の自学自習/遠隔指導」と「学校再開後の教室での対面授業」との円滑な接続をいかに実現するかは、この局面での最重要課題の一つであると考えます。 まずは、休校期間中の学びの成果をしっかり確かめることが先決です。3か月近くに及んだ臨時休校の間に、生徒が何を身…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

休校明けの授業を円滑に再始動する

緊急事態宣言の解除を受けて、一部の地域では学校が再開されますが、当然ながら再開を以て学校に日常が戻るわけではなく、むしろこれからの課題の方が大きいのではないかと思われます。 休校期間の遅れを解消すべく先ずは年間授業日程を組み直すことからでしょうが、カレンダー上で授業計画をスライドさせるだけでは解消できない問題が多々ありそうです。再…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その他のテーマ

1 働き方改革~校務の見直しと再構造化1.0 働き方改革~校務の見直しと再構造化(序) 1.1 業務の無駄を省く~現場レベルで可能なコストカット 1.2 先生方の多忙解消に~個々の教育活動の価値見直し 1.3 効果測定とスクラップ&ビルド(教育資源の最適配分) 1.4 学びの重なりを上手に利用したコンパクトな学校経営 2 新し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年度を迎えるに当たり~まとめページ(2020年度版)

いよいよ新年度も目の前に迫りましたが、新型コロナウイルスの感染拡大に先が見通せない中、新入生や進級する生徒を迎え入れる準備には例年をはるかに超えたご苦労があろうかと拝察いたします。それぞれの学年に応じた学びへの意識付けや習慣の確立、学びのコミュニティ作りなどにもいつもの年と違った手順を取らざるを得ないかもしれません。 こうした「危…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

授業開き/オリエンテーション#INDEX

春休みが終わればいよいよ新しい年度の始まりです。オリエンテーションもあれば、それぞれの学年、科目での授業開きもあります。最初のコンタクトで何を伝えるかが、1年間の指導の成否を大きく左右します。新入生に限らず、新2年生、新3年生との新しい1年も始まります。 こちらからどんなメッセージを伝えるかも大事ですが、生徒の行動様式や意識の在り…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

授業開き/オリエンテーション(その4)

新年度を迎えての授業開きやオリエンテーションでは、新しく学ぶ科目の目的や学び方に加え、生活や進路に対する心構えや生徒に期待されるところが先生方から熱いメッセージとして伝えられます。こうした場を参観していると、それぞれの先生方の思いや考え方に触れ、聞いているこちらも生徒と一緒に様々な刺激を受けます。 新入生を迎える場面での最初の指導…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

授業開き/オリエンテーション(その3)

授業開きや学習オリエンテーションに臨むに当たり、もう一つ大切なのは「指導を通じて生徒にどんな状態に到達させるための指導なのか」を指導に当たる先生方がはっきりさせておくことです。指導の前に「目指すところの共有」と「目線合わせ」をしっかり行うようにしましょう。 目指すべき到達状態に近づけるには、現状と変化の様子をしっかり注意して観察す…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

授業開き/オリエンテーション(その2)

授業開きや学習オリエンテーションでの指導はその場で完結するものではなく、新しく始まる学びに適合させる一連の取り組みの始まりに過ぎないはずです。指導で伝えたことは、生徒の学び方の改善、ひいては学力の向上という結果に結びついてはじめて意味を持ちます。 如上の場にどれだけ明確なメッセージを用意して臨み、雄弁に伝えたとしても、受け手である…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

授業開き/オリエンテーション(その1)

新学期には、新入生に対して様々なオリエンテーションやホームルーム合宿などが計画されているかと思います。進級した生徒に対しても新たに学び始める科目の授業開きでは学習法のガイダンスが行われます。 いずれも生徒に対して「こんな行動を取って欲しい、こんな意識をもって日々を過ごしてほしい」というメッセージを伝える大切な場です。 しかし…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

新しい学力観の下での授業デザイン(まとめ)

高大接続改革と新学習指導要領で学力観は大きく更新されます。パフォーマンスモデルからコンピテンシーモデルへの転換に耳目を集めるきっかけとなったPISA(OECD生徒の学習到達度調査)も既に7回目の結果が公表されています。そうした中、新しい学力観に沿った学ばせ方、それを具現した授業デザインが求められるようになってきました。 このブログ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

業務の無駄を省く~現場レベルで可能なコストカット

先生方の多忙はもはや限度を超えており、業務の削減と効率化は先送りできない課題の一つです。多忙の原因には、制度改革を必要とする構造的なものと、現場レベルでの仕事の進め方しだいで解消を図りえるものとがあります。 構造的な問題の改善を急がなければならないのは当然として、同時に、日々の教育活動に改善の余地がないかを洗い出し、ひとつひとつ片…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

働き方改革~校務の見直しと再構造化(記事まとめ)

学校の先生の多忙が取りざたされて久しくなりました。報道を見ても、現場でのご様子を拝見しても「働き方改革」は待ったなしの課題だと改めて感じています。外にいる私が直接何かできるわけでもなく心苦しく感じておりますが、少しでも何かのヒントになればと、考えるところを起こした拙稿をまとめてみました。 ご多忙を極める中、矛盾する言葉で誠に恐縮で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more