アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「学級経営、生徒意識の把握」のブログ記事

みんなの「学級経営、生徒意識の把握」ブログ

タイトル 日 時
学級経営、生徒意識の把握
学級経営、生徒意識の把握 1 互いの学びを支え合う集団を作る1.1 教科学習指導の土台はホームルーム経営1.2 互恵意識で結ぶ学びのコミュニティ 1.3 授業規律VS学ぶことへの自分の理由 1.4 生徒が互いの頑張りを支え合う集団作り 1.5 進路意識の高揚を目的とした講演会の企画 2 環境整備、係の仕事、トッカツへの期待2.1 海外も注目している日本の”トッカツ” 2.2 係の仕事(学級経営) Updated! 2.3 生徒に考えさせる授業規律 Updated! 2.4 教室の環境整備と生徒の人間関係との... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/02/28 07:07
教室の環境整備と生徒の人間関係との相関
教室の環境整備と生徒の人間関係との相関 生徒による学校評価アンケートや学級経営評価などを機に、自分が在籍するクラスの状況について生徒に、教室内はいつも整理整頓され学習に適した環境が保たれているか自分がいじめの被害者になったり見聞きしたりすることがあるかを尋ねてみると、前者で高い評価を得ているクラスほど、いじめなどの被害者/目撃者になる生徒の割合が低い傾向が見られます。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2019/02/27 06:50
係の仕事(学級経営)
係の仕事(学級経営) 係の仕事は、生徒一人ひとりがコミュニティの中でそれぞれの役割を引き受けることを学ぶ大切な機会です。協働で課題の解決を図ろうとする中で、協働性や多様性、主体性の獲得も期待できますし、リーダーシップやフォロワーシップ、調整能力の涵養にも役立つはずです。 ...続きを見る

トラックバック 4 / コメント 0

2019/02/26 05:30
入学時に思い描いた自分に照らして
受験学年を迎える現2年生に対しては、第一志望を宣言させたり、春休みには志望校別の対策講習が始まったりと進級への準備が着々と進んでいる中、現1年生に対しては、2年への進級を意識した策を特には講じていないというケースが思いの外多いようです。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2019/02/12 06:57
アンケートで探る“学ぶ側の認識” #INDEX
アンケートで探る“学ぶ側の認識” #INDEX 学習評価は、個々の生徒の現状を正しく捉えゴールに導く方策を考えるにも、これまでの指導の成果を検証し、改善に向けた課題を形成するにも欠かせないものです。学習評価は多面的に行う必要があり、知識・技能、思考力・判断力・表現力を正確に測定するテスト新しい学力観に基づく評価方法(ルーブリックやポートフォリオ)学ぶ側の認識を探る、面談法や質問紙法によるアンケート調査などを上手に組みあわせて活用しなければなりません。 ...続きを見る

トラックバック 7 / コメント 0

2019/02/07 07:07
アンケートで探る“学ぶ側の認識”(その3)
生徒が学習活動の中で経験してきたことは一人ひとり違います。学習履歴の違いは説明や指示に対する受け止め方の違いを生み出すため、個人レベルでも集団レベルでも、同じ指導に対しても異なる反応が返ってくる/異なる結果が生じるのは当然です。学ぶ側の認識と教える側の想定は往々にして一致しないことを念頭に、学ぶ側の認識を丁寧に探り、両者の認識の乖離を最小限に止めるようにすることが大切です。 ...続きを見る

トラックバック 4 / コメント 0

2019/02/06 07:59
アンケートで探る“学ぶ側の認識”(その2)
アンケートで探る“学ぶ側の認識”(その2) 模擬試験の成績などでも観測できる結果学力(知識・技能、思考力・判断力・表現力)の伸びと、授業評価アンケートなどの集計に現れる学習者側での伸びの実感(学力向上感)とは別物で、両者が一致しないこともしばしばですが、進路希望の実現を目指す意欲と行動を継続できるかどうかは、前者より後者にかかっているようです。 ...続きを見る

トラックバック 5 / コメント 0

2019/02/05 07:50
アンケートで探る“学ぶ側の認識”(その1)
学習指導が所期の成果を上げているかどうか正しく評価するには、学習の成果として形成された知識・技能、思考力・判断力・表現力を測定する「テスト」や、活動そのものをルーブリックなどの基準に当てはめて行う「パフォーマンス評価」に加えて、学習者の認識そのものを把握するための「アンケート調査」や「面談調査」なども欠かせません。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 0

2019/02/04 08:35
受験学年のスタートに向けて(まとめ)
早いもので、今日から2月です。4月に最上級生となる現2年生が迎えた「ゼロ学期」もすでに三分の一が経過したことになります。受験学年としての心構えを作らせ、受験に団体戦で挑めるクラスを作るには、年度末までのこの時期での準備がとても重要です。 ...続きを見る

トラックバック 7 / コメント 0

2019/02/01 05:26
生徒が互いの頑張りを支え合う集団作り
年度替わりは、生徒が互いの頑張りを支え合う集団作りの大切な時期です。新入生はもとより、進級する生徒もそれぞれ何かしらの希望や決意を抱いて新学期を迎えます。特に最上級生となる生徒は自らの進路希望の実現に向けて気持ちを高めていますので、「志望を同じくする生徒が互いの頑張りを支え合うコミュニティ」の創出に何か仕掛けるのには、今が絶好機ではないでしょうか。じっくり作戦を練って臨みましょう。 ...続きを見る

トラックバック 7 / コメント 0

2019/01/16 07:03
教科学習指導の土台はホームルーム経営
教科学習指導の土台はホームルーム経営 授業評価アンケートにおける「この授業を受けて学力の向上や自分の進歩を実感するか」という質問にYESと答えてもらえるかどうかは授業担当のスキルとデザインによる部分が大きいのは当たり前ですが、学級経営を通して「生徒が互いに刺激し合い、ともに成長するクラス」を作れるかどうかにも大きく影響されます。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2018/08/02 08:24
授業規律VS学ぶことへの自分の理由
授業規律VS学ぶことへの自分の理由 教室という集団学習の場で、生徒一人ひとりが安心して勉強に集中できる環境を保つには、一定の規律は必要ですが、もっと大切なのは「学ぶことへの自分の理由」 です。 ...続きを見る

トラックバック 5 / コメント 0

2017/02/02 07:53
海外も注目している日本の”トッカツ”
少し前ですが、民主化以降不安定な情勢が続くエジプトで、社会の秩序を保つのには若者の教育が欠かせないとして、規律や協調性を重んじる日本の特活を取り入れる試みが始まっている、との報道がありました。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 0

2017/02/01 06:21
互恵意識で結ぶ学びのコミュニティ
一人ひとりが意欲をもって学び、生徒が互いを支え合う、互恵と相互啓発で結ばれたクラスを作りたいもの。学級を担任するときは当然ですが、教科教員として担当するクラスについても同じでしょう。 ...続きを見る

トラックバック 15 / コメント 0

2016/06/02 08:06

トップへ | みんなの「学級経営、生徒意識の把握」ブログ

現場で頑張る先生方を応援します! 学級経営、生徒意識の把握のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる